カタログギフトは色んな場面で使えます|割引価格で購入できます

男女

結び切りにする

内祝い

結婚をすると結婚内祝いを贈ることになりますが、そのようなときには赤と白の結び切りの水引を選ぶようにします。水引には結び切りと蝶結びがありますが、結び切りは一度だけのものにしたいときに選び、逆に蝶結びは何度あってもいいときに選びます。結婚は一度きりがいいので結び切りにして内祝いを贈るといいです。蝶結びで贈る例としては出産祝いなどがあります。のしの書き方ですが表書きは内祝いか寿にします。表書きというのは結び切りの真ん中の上側に書く言葉です。例えば内祝いや結婚祝い、御中元などがあります。結婚内祝いでは御礼にしてお返しするのではないかと思う人がいるでしょうが、内祝いはお返しという意味ではなく嬉しいことを共有するという意味なので、御礼を使うことはありません。
結び切りの真ん中の下側に名前を書くのですが、新しい名字か夫婦の名前を入れるようにします。地域によってどの名前を書くのか異なりますので、親や職場の上司に訊いてみるといいです。女性は名字が変わりますが、職場ではそのまま結婚前の名字を使っている人もいるはずです。そのときに結婚内祝いで結婚前の名字を使うこともあります。仕事上、前の名字でないとややこしくなることもあるので、そのようなときであれば前の名字を使っても問題ありません。ただ、内祝いには本来の名前を入れるものなので、もし新しい名字を使ったときにややこしくなりそうであれば一言添えておくといいでしょう。様々なマナーがあるので、初めて結婚内祝いを贈るときには相談したり本で調べたりして失礼のないようにしましょう。